上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お盆休みを利用して、夫の実家である大分(湯布院の近く)へ帰省してきました。今回は普段と違って、大イベントが待っていたのです。それは、ハラハラ結婚お披露目会&ドキドキ村回りっ★(*/∇\*)キャッ♪

★12日★
ちょっと緊張気味ながらも、久しぶりの大分だし、私の両親も一緒だしということで、まだまだ元気に羽田からバビュンと大分へ。夫の弟が空港へ迎えに来てくれて、無事に家に到着後、みんなで昼食。お義母さんの手料理に一同舌鼓。温泉へ両親を送った後は、夫の家族みんなで庭先バーベキューでした。

★13日★
いよいよ大分側の親戚へのお披露目会。お義母さんの実家は福岡の八女(お茶で有名)。お婆ちゃんも元気にいらっしゃいました。お義父さん側は、弟さんが長崎からはるばる来て下さったのと、地元の親戚で、普段からお世話になってる近しい方々が数名。皆さん、ホント良い方(飲んべえだけど。笑)ばっかりで、とっても楽しい会になりました。

一次会終了後、私の両親は日曜日が仕事なので、弟1号くんに送ってもらって空港へ。大分初体験だった両親は、大自然に温泉に、夫の実家が営む畑も見られたし、満足して帰ったみたいなので良かったです。いろいろ緊張したり、愛想振りまいたりして疲れたけど、今回の旅の醍醐味(?)は、まだまだこれからなのでした… ε-(´ー`*) ふっ

★14日★
この日は、この土地の風習である「長男が結婚したら、村を一軒一軒挨拶して回る」の日であります。32軒、お義母さんと夫と3人で行きました。アップダウンの多い土地で、ちょっと綺麗めの格好をしていた私は、ハイヒールで坂道をヒィヒィ歩いてました。2時間半くらいで回り終わったんですが、途中アブには刺されるわ、汗だくだわで大変でした。

で、回ったら終わりじゃないんです。今度は村の人が、家へお祝いに来て下さるのですが、普通は回った翌日とかに来るんだそうです。が、お盆で皆さん家にいるからか、私たちがもう15日には帰ってしまうからなのか、次から次へと来るわ来るわ。いやね、ありがたいんですけども。普段は椅子の生活なんで、正座なんてほとんどしないんですが、お客様をお迎えするにあたって、これでもかってくらい正座した1日でした(--; 最後にはもう、足のしびれだけじゃなく、緊張と疲れのせいか頭痛&吐き気までしてくる始末で。でも一生に一度なんだと、自分に言い聞かせながら頑張り抜きました。いやぁ、無事に終わって良かった良かった。

★15日★
大仕事は終えて、あとは帰宅だけってことでホッとしたのか、昨日ちょっとお邪魔した畑仕事のせいなのか、じんましんが出てしまってカユカユで大変でした。でも台風に遭うこともなく、順調なフライトで羽田に到着。速効で横浜へ帰り、洗濯をしてバタンキューでした。

いろいろあった4日間だったけど、地元の人と少し顔見知りになれて嬉しかったです。ただ、田舎の人の特長なのか、結婚→出産の図式が当然と見えて、もんのすごく期待されてるのを感じました。もちょっと二人だけがイイと思ってる私には、複雑な思いだったのであります。だし、必ずしも子供ができるかどうか分からないのに、まあ悪気がないにせよ、子供待望発言をするのは、ちょっと私自身、気をつけようと思った次第です。

長くなっちゃったけど、これで大分奮戦記は終了でございます♪
スポンサーサイト
私の大好きな詩があります。金子みすずの『私と小鳥と鈴と』という詩で、NHKの「にほんごであそぼ」でも、全国各地の方言でその詩が読まれ、とても趣深いものとなっています。元々の詩は…

*****************************
「私と小鳥と鈴と」

私が 両手を ひろげても、
お空は ちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は 私のように、
地べたを速くは 走れない。

私が からだを ゆすっても、
きれいな音は 出ないけど、
あの鳴る鈴は 私のように
たくさんな唄は 知らないよ。

鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい。
*****************************

というような内容で、常々私が思っているコトと、とてもシンクロするところがあるのです。放送された方言版は、ちょっと見あたらなかったので掲載できませんが、どの方言にも味わいがあって、一応、日本語学専攻だった私としては、この番組もコーナーも、そして方言も、日本の大切な文化として、ずっと続いていけば良いなぁと思いました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。