上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090307osezaki_minokasago.jpg 春一番がふいた日、ベランダに出してあった
 サンセベリアが倒れて大変なことになってました。
 意外にゴールドクレスト(まだミニサイズ)は平気
 だったんで、樹木って強いのねぇ~なんて夫婦で
 話してました。皆さんトコは被害はなかったですか?

 hand03.gif ミノカサゴ 2009年3月7日@大瀬崎

hana02.gif 2009年07月14日 hana02.gif
   ■中国の植物学者の娘たち kao13.gif 中国、孤児、レズ、植物、結婚
   中国映画は自然や建造物を美しく描く映画が多い。というか、描かれているモノを
   美しく思うのは、自分も同じ感覚を持ったアジア人だからかな?特に2人が永遠の
   愛を誓って、108羽のハトを放つシーンは実に見事。
   
   禁断の愛と、それ故に起こってしまった殺人とのために2人は有罪となり、
   離ればなれに。肉体は滅びても2人の魂はいつまでも寄り添う・・・みたいな。
   まあ、親が結婚を決めて、それに従わねばならないような時代の話ですから。

   ■ルックアウト/見張り kao12.gif 銀行強盗、殺人、記憶障害
   「金を持っている奴が支配する」「途中が分からないなら結末から話せ」をキーワードに、
   銀行強盗計画に巻き込まれた記憶障害の青年が、悪者にしてやったりの罠を仕掛ける
   サスペンス。いくら障害があるからって、まったくお咎めナシっちゅーのは出来過ぎじゃね?
   でも、そういうものなの??よく分からないけど。

   ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ kao06.gif 沖縄、美ら海水族館、イルカ、実話
   病気で尾ビレを失ったイルカを再び泳げるようにするため、水族館とブリヂストンとの
   人工尾ビレ開発が行われた。その記録と苦悩、そして成功の喜びを描いている。
   なんていうか、人の心を動かす力ってスゴイし、動かされた人々が協力したとき
   成し遂げられる事のデカさったら、ハンパないんだって思った。

   松山ケンイチが獣医って、大丈夫なの?って思ってたけど熱い演技が結構イイ。
   DMCにもかなり期待w で、逆に高畑充希の存在がイマイチ。なんかクサい。
   hand02.gif映画公式サイトブリヂストン:人工尾びれプロジェクト

   ■いつか読書する日 kao18.gif 熟年夫婦、末期ガン、不倫
   なんか、報われなくて悲しすぎる。50歳で朝は牛乳配達、昼はスーパーでレジ打ち、
   夜は一人で本を読む気丈な独身女性と、末期ガンの妻を自宅介護しながら仕事に
   追われる疲れたサラリーマンとの、中学時代から引きずっている2人の恋心に、
   ふと火がついて・・・って、絶対ありえねぇぇぇぇ!!!!それに岸部一徳が結局
   溺れた少年を助けに水路に入って溺死・・・って、あっけなさ極まりない結末。
   残された妻にしても、田中裕子(上記の女性)にしても報われない。これが現実?(苦笑)
スポンサーサイト
090307osezaki_yomehimeji2.jpg 冬ダイビングに初挑戦しました!
 伊豆の大瀬崎で、ドライスーツはレンタルで。kingyo01.gif
 レンタルはサイズが合わず、ドライの中で
 エアーが靴の方に行った途端、靴が脱げ
 フィンがベロベロ、大変な思いをしました。
 もちょっと痩せて、タテ横が標準体型に
 なれば良いんだろうけどさっkao27.gif
で、久しぶりのダイビングとあって、私は1本でダウン。夫は2本目も頑張ったけど、
終わった後、かなりグッタリしてました。夏までに体力つけなきゃ。
 hand04.gif 大きなオジサンがいると思ったらヨメヒメジでした。

hana10.gif 2009年07月07日 hana10.gif
   ■ヴェラ・ドレイク kao13.gif イギリス(1950年)、中絶、家族
   中絶が法的に認められていない頃、密かに中絶を行っていた主婦が逮捕され
   投獄される。世話好きで心の底から他人を愛するヴェラだからこそ、少女たちを
   助けずにはいられない。・・・というピュアすぎるオバちゃんを演じたイメルダ・
   スタウントンの演技はピカイチkira01.gif

   私個人としては、中絶には反対なのでヴェラの行動を美しく描く、この映画の
   内容はイマイチなんだけど、家族がヴェラの裏の顔が暴かれたとき、彼女を
   信じ抜こうとする強い結束力と愛には心打たれるものがあった。

   ■ある子供 kao12.gif ベルギー、若年カップル、人身売買
   劣悪な環境で愛を知らずに育った青年が、立ち直っていく姿を描いてるらしいけど、
   彼は本当に立ち直って行くんだろうか?刑務所から出所して、ちゃんと父親を
   やれるんだろうか?取り返しには行ったものの、何の迷いもなくチョロっと子供を
   売っちゃうような人間が、そう簡単にまっとうな仕事について、まっとうな家庭を
   築いていけるとは、ちょっと考えにくい。はなはだ疑問の残る作品。

   バッテリー kao06.gif 少年野球、家族、病気
   お兄ちゃん役の林遣都が、ちょっと美しすぎるんじゃね?と思ってたけど、
   見始めたら別にそんな違和感はなく楽しめた。病弱な弟を気遣うあまり兄に
   辛くあたってしまう、母のもどかしい気持ちが痛いほど伝わってきて、本当に
   試合を応援に最後の行くシーンは、涙無しには観られなかった。原作は
   読んでないけど、原作はさぞ感動の嵐なんだろうな。お父さんが義父と妻と
   息子と・・・と、色んな人たちの間で緩衝剤的役割を担っていて、運動音痴ながらも、
   野球をやろうって頑張る姿が微笑ましい。

   ■バンディダス kao10.gif メキシコ(1848年)、銀行強盗、復讐、コメディ
   モノ凄く軽~~い義賊映画。テンポ良く、笑いもアクションもふんだんで、
   面白いんだけど、後には何も残らない作品。女同士の殴り合いって
   あんま見ないよねw

   ■恋とスフレと娘とわたし kao15.gif ロサンジェルス、母娘、恋愛、結婚、ケーキ、料理
   ケーキ、ファッション、料理、ナイスガイ・・・美しいモノがたくさん出てきて
   夢のような甘いふんわかしたラブ・ストーリー。ま、良いんじゃないの?
   みんな幸せになったわけだし。予想通りというか。社会派ドラマに疲れたら
   こんな映画もイイかもね~ kao18.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。