上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の大好きな詩があります。金子みすずの『私と小鳥と鈴と』という詩で、NHKの「にほんごであそぼ」でも、全国各地の方言でその詩が読まれ、とても趣深いものとなっています。元々の詩は…

*****************************
「私と小鳥と鈴と」

私が 両手を ひろげても、
お空は ちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は 私のように、
地べたを速くは 走れない。

私が からだを ゆすっても、
きれいな音は 出ないけど、
あの鳴る鈴は 私のように
たくさんな唄は 知らないよ。

鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい。
*****************************

というような内容で、常々私が思っているコトと、とてもシンクロするところがあるのです。放送された方言版は、ちょっと見あたらなかったので掲載できませんが、どの方言にも味わいがあって、一応、日本語学専攻だった私としては、この番組もコーナーも、そして方言も、日本の大切な文化として、ずっと続いていけば良いなぁと思いました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aiai0923.blog7.fc2.com/tb.php/17-eaabe8ae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。