上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月24日(水)に、母と一緒にレデースデイ(¥1,000)を使って『アイランド』を観てきました。他に観たいと思うのがあんまりなくて、強いて言えばコレかなっていう感じだったんで、全然期待しないで観たら、結構面白かったです。ストーリーは、上記公式HPにも載っているので割愛しますが、以下、私の感想です。ネタバレするかもしれないので、見に行く予定の人は気をつけて読んでちょ。

で、私の素直な感想としては、臓器提供のためのクローン生成ってのは、実際に何年かしたら、どっかで秘密裏にサービス提供されるんじゃないかと、ちょっと思ったですよ。ただ、あんな風に全身でつくるんじゃなくて、臓器ごとに人工臓器みたいな感じで元気な内にサンプルをとっておいて…みたいならあり得るかと。

映画みたいに全身なら、わたし的には、1個取っても生きられる臓器とかの場合、他の臓器が後で必要になるかもしれないから、クローンをそのまま生かして置いた方がいいんじゃないかと思うんですよね。殺さなきゃイケナイ場合だけ「アイランド」へ行くって言って、あとは健康診断で問題が見つかったから手術しますとか言えば、あの映画の状態だったら、臓器1個取っても本人気付かずなんてことも?と、思いました。

あくまでも映画の世界なんで、実際に法律で人間のクローンはつくっちゃダメってなってるし(文部科学省 > 科学技術・学術政策 > 科学技術・学術の振興 > 生命倫理・安全に対する取組)、人の生き死にを人間が大幅に操作しちゃイケナイと思うので、私が生きてる内には、多分、映画みたいなコトはないと思います。でも、人間てのは弱いから、100年後、200年後には法律改正って叫んでるかもしれないですけど。(苦笑)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aiai0923.blog7.fc2.com/tb.php/19-9f12ef4f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。