上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大変ご無沙汰しております。約1年ぶりの更新となってしまいました。
その間、仕事を辞めて専業主婦になったり、スポーツジムに通って10kg痩せたりと、
毎日バタバタ過ごしておりました。光陰矢のごとし。

いい加減、新婚旅行から帰ってきてはどうかと多方面から励ましならぬ、
お怒りの声を頂きましたので、ここは師走の勢いを借りて更新する次第であります。
では、イタリア旅行記5日目からです。
★写真は全てクリックすると少し大きめのサイズでご覧頂けます。

*********************************************************
 2005/09/21(5日目)  カプリ島、日帰り~青の洞窟に思いを馳せて~
*********************************************************

カプリ島は、なんといっても青の洞窟、そして巨大レモンの島であります。
ナポリから高速船に乗って行く(=遠い!)ので、ローマ滞在中の私たちは、
まだ夜も明け切らぬ雨の中、集合場所のスターホテル・メトロポールに向かいました。
が、暗いし、もらった地図は大雑把すぎて、だいぶ早く出たはずなのに、
危うく集合時間に遅れそうになりました。どうやらバスツアーに向かない2人らしい…

そして何とか無事に辿り着いて、名前をチェックしてバスに乗り込み、揺られること3時間半。
道中の景色は、なかなか素晴らしいものでした。
roma02 032 roma02 033 roma02 038
バスからの夜明け(左、中)/山頂に建つ修道院(右)


しかし、その素晴らしい景色のBGMは、ツアーガイドによる「ナポリは危険」講座。
散々脅されつつ、ナポリのベヴェレッロ港に到着。着いてみてビックリ!
ツアー客(ほとんどが日本人)がワンサカいて、我らがツアーガイドを見失わないよう必死でした。
roma02 042 roma02 044
一瞬だけナポリ観光、ヌォーヴォ城(左)/高速船(右)

そして、いよいよ高速船に乗船!いざカプリ島へ!!と思ったら、何やら船のトラブル。
網か何かがスクリューに挟まってしまって、それを取り除かないことには動かないそうな。
ナポリから40分で到着のはずが、港で1時間半待たされ、みんな不安顔になってました。

そんな中、身近なところに私たち以外の新婚カップル発見。
船内は完全自由席だったので、別のツアーに参加している人たちが前の席に座ったのです。
で、昨日結婚式をやって、その日のウチに関空からナポリへ来たらしい…ハードすぎる(汗
だって、その花嫁さんの顔ったら!目の下のクマが凄くて可哀想になってしまいました(;;)
私たちは結婚式から日を置いて良かったぁぁ~としみじみ思ってしまいました。

で、合計5時間半の旅の末、やっとカプリ島に到着。時間はかかったものの、天気は良好♪
波によっては青の洞窟に行けないこともあるというので、今日は行けるかどうか
ガイドさんが調べに行っている間、しばし自由時間。
小腹が空いた私たちはライスコロッケを食べました。

そして期待に胸を膨らませつつ再集合。が!!!青の洞窟はNGだそう。
もう超→→→→→→→→→→→→ショックで、鼻血が出るかと。なんのための早起きかと。
ムギィッ!!となりつつも、代わりにソラーロ山展望ツアーに切り替えとのことで、
ちょっとムフゥッminipigとご機嫌の私なのです。

roma02 047 roma02 051
マリーナ・グランデ(左)/ウンベルト1世広場に建つ時計台(マヨルカ焼きの文字盤)(右)

高速船が遅れたせいで、時間が押してしまい、観光前にお昼ご飯となりました。
バスに揺られて坂を上って行ったレストランは、私の記憶が正しければ(かなりアヤフヤ)
“La Rondinella”だったと思います。眺めがそこそこ良くて、味も美味しかったです。
が、トマトソースのパスタしか覚えてません…_( ̄|○ す、すいません。

で、昼食後、ソラーロ山へ登るリフトに向かいます。
その途中、なんと山頂での観光時間は5分くらいしかないと言われ、一同、目が点に(・_・)
でも青の洞窟もダメ、ソラーロ山もダメってなったら、もう泣いても泣ききれないので、
5分でも良い!!私は行くっ!とリフトへ。夫ももちろん一緒に来たのですが、
リフトを見た途端、ちょっと尻込み。なぜならば、夫は地に足の着かない乗り物が
大の大の苦手なのです。(笑)

roma02 061 roma02 062
リフトからの絶景(左)/山頂からの眺め(右)

リフトは一人乗りで足はブラブラ、心許ない簡易バーを前で閉めるだけ。
学生の頃に行った群馬かどっかのスキー場のボロリフトを思い出しました(苦笑)
冷や汗かきながら乗っている夫をよそに、私は写真を撮りまくり、キャッキャ言ってました♪
そして15分くらい乗って山頂に到着。石灰岩でできた島の白い白い岩肌と、濃緑の緑と、
そこに溶け込むような白や土色の家々を見て、ホゥゥ~~~~っと溜息をついたのです。
が、ゆっくりはしていられません。さっそく下山です。(涙)

roma02 067 roma02 070 roma02 073
下りのリフトから(左)/呼ぶと恐る恐る振り返る夫(中)/民家の庭の上を通過(右)

下山すると、たくさんの魅力的なお土産屋さんが並ぶも、買ってる間はないとのこと。
が、バス乗車までの寸暇に手近な店に駆け込み、絵はがきだけは買ってきました(;_;)
どうして、こうもバタバタなのだ…次回はカプリ島に何日間か滞在するプランにしたいです。

そしてバスでカプリに戻り、マリーナ・グランデから高速船でナポリへ。
roma02 082
さようならカプリ島、さようなら青の洞窟、さようならレモン。(食べてないけど)

ナポリに着くと、バスへ直行。ひたすらローマへと走りました。夫は爆睡、そしてつられて私も爆睡。
ローマに着いたら、もう真っ暗でした。重い足を引きずりながら駅へ向かう途中、
共和国広場のライトアップが綺麗だとガイドブックに書いてあったのを思い出し、
わがままを言って寄りました。(下)
roma02 087

そして2人とも欠伸を噛み殺しながら、イタリア最終夜をぽてぽてとホテルへ帰ったのでした。
次回は、いよいよイタリア最終日です!やっと日本に帰ってこれる…(感涙)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aiai0923.blog7.fc2.com/tb.php/35-769d25a8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。