上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008oita_pear.jpg 夫の実家である大分県九重町へ帰省してきましたっ!ufo.gif
 今回は、9/1(月)~9/4(木)の4日間だったのですが、5月に
 生まれたばかりの可愛い可愛い姪っ子との初対面と、お義父さんの
 還暦祝いという2大イベントがあり、とってもとっても充実した帰省でした kao09.gif

 実家は農家で、キャベツと梨と花をメインにやっています。
 高原の涼しい気候を生かして、ちょっと時期をずらして出荷するので、
 梨も10月初め頃、食べ頃になる予定です buta.gif

 大分弁は初めて行ったときには、本当に宇宙語を聞いてるようでしたが、
 さすがに6回目ともなれば、だいぶ慣れて会話もスムーズに。

2008oita_kyudai-sen.jpg 緊張しすぎることもなく…というか「嫁」という立場の人間が1人増えて
 だいぶ気が楽になりました。しかも弟嫁のMちゃんは同居なので、
 もう、ずっと頼りっぱなし! kao02.gif だいぶ年下なんだけど、母親業や
 家事をテキパキこなしてる様を見て大尊敬しちゃいましたheart06.gif

 今回、初めて久大線に乗りました!留米と分を結ぶ、2両編成の
 ディーゼル車で(1両のみのときもあるそう)、運転席が路線バスみたいに
 車両の左側半分だけなので、一番前の大きい窓にかぶりつきで、
 緑の中を駆け抜ける疾走感を楽しみました densya.gif

 夫が通った中学のある隣駅の、同級生がやっている料理屋さんで
 ランチを食べましたi_0662.gif 超~美味でした!ごちそうさまでした~ buta.gif

2008oita_rose of sharon2 ゴハンの後は周辺をブラブラして、カフェ大福をお土産に買い、
 自動券売機がないので、窓口で大仰な切符を買い、実家の最寄り駅へ。
 そして夫が中学時代にしていたように、駅から実家まで歩いたのですが、
 これまた遠い!途中ですれ違う地元の人たちが、揃いも揃って心配そうに
 「どうしたん?足がないなら送ってくよ??」と聞くのには笑いました ase.gif

 確かに歩いてるのは小学生と私たちだけ… dokuro.gif 地元の大人は電車や
 徒歩といった交通手段はハナから選択肢になく、わざわざ歩いてるって
 言うと、すごーく怪訝な顔されましたw てか実家に帰ってから、ダラゴロ&
 御馳走オンパレードだったので、ほどよい運動になりました hachi.gif

 hand03.gif 実家の庭に咲いている木槿(むくげ)の花です

2008oita_okuizome.jpg 会社の元同僚が、姪っ子に熱を上げるのを見て、
 そこまでメロメロになっちゃうか~?と思ってたんですが、
 なりますね kao22.gif もうベロンベロンですheart01.gif

 hand03.gif 生後100日のお祝い「お食い初め」です spoon02.gif
  メニューは、お赤飯・鯛の尾頭付き・ポテトサラダ・紅白の
  麩入り澄まし汁、デザートはミルク抹茶プリンです star.gif

2008oita_bougainvillea.jpg まだ離乳食も始まってないので、実際に食べさせる
 ワケではなく、食べさせるフリをするんですが、食べ物を
 口に持っていったら、なんと「アーン」を自然としたんですっ!
 なんという食いしん坊っぷり!あの逞しい四肢はダテでは
 ありません。これからの成長に期待大w

 hand03.gif 南国の花、ブーゲンビリアがハウスに咲いてました kao16.gif
 大分の実家は、基本「試しに植えたら、育った」なので、
 何ができてもおかしくないのです。ビバ・田舎!

と、まあ充実した4日間を過ごしたワケですが、帰ってきて早々、夫と二人で
来年は姪っ子に何を買っていってあげるか、話してるんだから気が早過ぎですよね kao15.gif
でも、大分に帰る楽しみが1つ増えて、本当に嬉しい限りです heart06.gif
これからも皆が健康で、笑顔でいられればいいなぁ~と思った夏休みでしたhiyoko03.gif
ちなみに、お義父さんは「じいちゃん」と呼ばれることに抵抗があるようでしたw (* ̄m ̄)プッ
wagirl1.jpg
 あけましておめでとうございますheart23.gif
 昨年は、大変お世話になりました。今年もどうぞ宜しくお願い致します。

 年賀状がお手元に届いた方は、ご存知かと思いますが、
 私たち夫婦の今年のスローガンは「仁義なきダイエット」です!
 昨年に引き続き、ジム通いに勤しむ所存でありますkao09.gif

 今年は結婚4年目に突入します。二人で協力して、思いやりと感謝、
 そして笑顔が溢れる家庭を今年も作っていこうと思います。

朝方、夫は無事に帰ってきました。「ごめぇ~ん、ごめぇ~ん」って小さい声で鳴きながら着替えて、ベッドにモゾモゾと潜り込んで爆睡してました。

今朝は普通に起きるはずが、夫につられて寝惚け寝てしまい、気付いたらお昼になっていました。_( ̄|○ なので予定していた掃除は規模を縮小して中掃除となってしまい、洗濯もしたりしていたらすぐ夕方。それでもゴロゴロしがちな夫の腹を、掃除機で吸っていじってみたり。あ、これってDVですかね?まあ本人楽しんでたからいいか。<良くないです。w

というわけで、いつの間にかウヤムヤに許しちゃってました。本当にM氏に感謝。今後もどうぞ宜しくお願いします。では、旅行記の続きをどうぞ♪

*********************************************
 2005/09/19(3日目)  トラステヴェレ
*********************************************
■サンタマリア・イン・トラステヴェレ教会

 
 20061229221801.jpg 20061229221824.jpg 20061229223539.jpg

4世紀中頃に法王ユリウス1世によって完成されたローマで最古の教会。内装が金ピカで、しかも12世紀頃のモザイクでできた『王座の聖母子』(写真・真ん中)は目を見張るまばゆさでした。

■サンピエトロ・イン・モントリオ教会

20061229223857.jpg 20061229223931.jpg 20061229224025.jpg

20061229224055.jpg 20061229224443.jpg

ちょっと小高い丘の上にある教会。あいにく月曜日だったからか、教会は閉まっていて中を見ることはできませんでした。ただ、教会の前から見渡すローマの眺望は素晴らしかったです。胸一杯にローマの空気を吸って堪能しちゃいました。

20061229225738.jpg 20061229225856.jpg

さすがイタリア。FENDIのバスが走ってました。予定はなかったけど、ちょっと迷って出た広場にあったサン・フランチェスコ・ア・リーパ教会。ベルニーニ晩年期の傑作『福者ルドヴィカ・アルベルトーニ』の像があります。残念ながら写真撮ってなかったです。グーグル先生にでも聞いてみて下さい。

■サンタチェチリア・イン・トラステヴェレ教会

20061229232051.jpg 20061229232157.jpg 20061229232223.jpg

中庭に噴水があって、高い鐘楼が特徴的な教会。ここでも結婚式をしていました。映画に出てくるような美人花嫁さんと、妖精のように可憐なブライドメイド。そして変な顔で写真に写りたがる親戚の子供。行ったときにはまだ結婚式の最中だったので、パシャパシャと写真撮影したり歩き回ったりすることができなかったのですが、ローマに来てから結婚式に出くわすのは、これで3度目。本当に9月はシーズンなんだなぁ~と思いました。

■パパ・レ

20061229232814.jpg

サンタチェチリア・イン・トラステヴェレ教会から、ちょっと歩いたところにあるドラゴ広場にある「パパ・レ」というピッツェリアで夕飯を食べました。写真に写っているのは、手前が豆のスープで奥がペンネ・アラビアータ。とっても美味しかったです♪昼ご飯に比べて全然安かったし、量もあったので大満足でした。

そしてちょっと遠かったのですが、テルミニ駅まで歩いて地下鉄に乗り、我が町(ホーム)ポンテルンゴ駅へ。で、その途中の道で日本(茨城、その他地方)でもおなじみ?のSPARがあったので、ガス抜きであるところを示すはずの「NATURALE」って書いてあるのを確認して水を買ったんですよ!と・こ・ろ・が!まんまと炭酸水。にがっ!!渋々ちょっとずつ飲んだものの、しばらくホテルの机の上で炭酸が抜けるまで放置されてました。

では、明日はボルケーゼ美術館へGOでございますっ♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。