上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Christmas2008_03.jpg 寒い日が続いておりますが、皆さんいかが
 お過ごしですか?私たちは元気です。

 昨年のクリスマス前、丸の内のイルミネーションを
 見に行ったんですけど、その日は雨で激寒で、
 もう凍えて死にそうになりながら帰ってきました。
 hand03.gifその時の写真を水彩画風に・・・
 こうして暖かい部屋で、改めて見直してみると
 キレイですよねw 人間って不・思・議 kao02.gif

 で、懲りもせず独断と偏見に満ちたDVD評論、
 させて頂きますよぉ~。dokuro.gif

hana08.gif 2008年06月24日 hana08.gif
   ■憑神 kao07.gif 江戸時代、影武者、コメディ
   貧乏神(西田敏行)・厄病神(赤井英和)・死神(ちびまるこちゃん)と、従来のイメージと
   かけ離れたそれぞれの姿が本当に滑稽で面白い。ただ残念なのは、任務放棄して水戸に
   スタコラと逃げてしまった徳川慶喜のため、影武者として死を選んでいくというストーリー。
   せっかくイイ奴なのに。生きてたらもっと良いことできただろうに。と思うのは女子だから?
   男の生き様みたいなのが、あるのかなぁ・・・?あと脇役がすごく味があってGOODstar.gif

   ■マイティ・ハート kao13.gif パキスタン、誘拐、実話、夫婦
   最後まで諦めず、TV出演して訴える「ザ・強い女」、アンジェリーナ・ジョリーって感じの映画。
   でも実話ってやるせない。だって、悲しい現実がどうしたってそこに横たわってるんだもの。
   死を覚悟でテロに立ち向かっていく最前線の人たちは、確かに凄いけど、偉くはないと思う。
   残された妻、残された子供、死、報復・・・負の連鎖の最前線に身を置くんだってこと、もっと
   考えてから行動するべき。軽い気持ちでイラクとか行っちゃって誘拐される日本人学生とか
   ほんとふざけんなって感じ。

   ■臨死 kao10.gif 青春、恋愛、暴力、臨死
   誰か死ぬんだっけ?宣伝に惹かれて観たんだけど、期待はずれで全然結末を
   覚えてないんですけど。25歳で高校生役ってのも厳しいよね。あ、不良女子の方が
   結局、彼を助けるために自分の撃たれた怪我をおしてダムかなんかに行くんだっけ・・・?
   定かじゃないなぁ~。でも、結末を覚えてない映画って、いつもその程度なんだよね(苦笑

   ■ハリウッド・ランド kao16.gif ハリウッド、スーパーマン、自殺、サスペンス
   スーパーマン役の人気俳優の突然の自殺。疑問だらけの死の再調査を依頼される探偵。
   映画会社重役からの圧力や、警察との絡み、真実は!?・・・と、かなりハラハラドキドキの
   展開なんだけど、結局「自殺だった」という結論に至る。その結論づけがアッサリし過ぎてて
   ちょっと物足りない感じ。呆気ない結末にビックリだけど。
NY2006_autumn04.jpg ガチャピンがダンテ(ホワイト家族・兄)とヒマラヤのヤラピークに登頂成功!
 標高5520mですって!!すごいよぅぅ~ kao09.gif 感動しちゃいます。
 留まるところを知らないガチャピン挑戦企画。彼はどこまで行くんだろう・・・ase.gif
 そしてムックは、いつもお留守番ですよね?w

 hand03.gif N.Y.のチャイナタウンで見つけたマクドナルドの看板。
     英語表記じゃないマクドナルド初めて見た。横浜中華街も、中に
     マックができたら、こうなるのかな??

 そうそう、念のため言っておくと、ボストンとニューヨークに母と行ったのは
 2006年の秋です。夫に、いつの写真よ?ってつっこまれたので。 kao10.gif

hana02.gif 2008年06月18日 hana02.gif
   ゴッド・イン・ニューヨーク kao09.gif 留置所、人種、宗教、偏見、歴史
   面白い!!世界の縮図となった、留置所=密室はカオスの極み!それぞれの主張は、
   どれも筋が通っててうなずける・・・んだけど、必ずどこかから反論が挙がる。そして一向に
   歩み寄りが見られない人々を前に嘆く、超きったなくて臭いオヤジの姿をした「神」。
   もうその設定だけでかなり私のハートを鷲掴みなんだけど、実際見てみて、本当に面白かった!
   含蓄ある言葉、誰もが感じていた偏見、国境や人種を超えた地球人としての生き方なんかを
   考えさせられる映画だった。でも基本に皮肉っぽい笑いが込められているから、軽いノリで
   見られたのも良かった。
   hand02.gif ゴッド・イン・ニューヨーク公式サイト

   ■ミュンヘン kao13.gif ミュンヘンオリンピック事件、イスラエル、パレスチナ、暗殺、報復、家族
   なんだか悲しくて悔しい。鉛を飲み込んだ気分になること間違いナシの映画。
   家族との心のふれあいや、良心といった部分で報復としての暗殺という事実を、若干、
   和らげてはいるものの、私は宗教的な意味合いをこじつけた政治的殺人に憤りを感じた。
   それにやむなく巻き込まれていく人々の悲哀という点では、この映画はよく描けていると思う。
   世界の暗部を詰め込んだ感じ。

   ■ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた~ kao10.gif 夫婦、妊娠、不倫、決断、パイ
   最近、この手の映画多くない?ダメな亭主と優しい不倫相手、だけどその両方をふって、
   自分の人生を力強く歩いていく!っていう。女性はそこまで強くなんなきゃいけないのかなぁ?
   と、私なんかは思っちゃうけど、世の中の風潮なんだろうな、きっと。主人公は、イマイチ
   パッとしないけど、共演者はいい感じ。特に監督もしているエイドリアン・シェリーは超キュート heart06.gif
   でも彼女は2006年、この映画を最後に亡くなっちゃったんだよねぇ・・・本当に惜しい。

   ■腑抜けども、悲しみの愛を見せろ kao16.gif 夫婦、兄妹、家庭内暴力、死、田舎
   永作博美は「不幸な女」がピカイチ上手いと思う。にしても、この映画、暗い・・てか、黒すぎる。
   こんなにグロいのに、なぜか最後にはちょっと希望があるのは、なんでだろう。人間はそう簡単に
   へこたれないってことなのか。気持ちを強くもって、前に進んでいくしかない。そうじゃなきゃ、
   死がぽっかり口をあけてるだけ、っていうメッセージがあるような気がした。

   ■ベクシル-2077 日本鎖国 kao10.gif アニメ、侵略、反政府、バイオテクノロジー
   延命のためのワクチンは、実は人間を機械化してしまうウィルスだった・・・って話じゃなかった?
   でもって、鎖国した日本を仕切る大和重工(鋼?)という企業に疑問を抱く、まだ
   人間として尊厳の残るレジスタンスのメンバーが、現状打破のために日本に潜入したアメリカの
   特殊部隊と協力してクーデターを起こす、みたいな。CGは、まあすごいし、メカは格好良い。
   でも、いかんせん何だか薄っぺらい。ストーリー設定に物凄く期待していたので、ちょい残念。
   もちょっと主義主張が欲しかった。ただ単に強欲にまみれた人間の醜さが際だっただけだった。
   ジャグの映像を見ながら『トレマーズ』を思い出したのは私だけ?w
   ※ちなみに「トレマーズ ベクシル」でGoogle検索したら2,580件の検索結果が出ましたw
NY2006_autumn03.jpg 11月に入ってから我が家では毎週末、鍋を食べてます。先週末は
 今、話題のカレー鍋に初挑戦しました!CMの「締めはチーズリゾットで」の
 文句にキュキュキューン heart23.gif と来てしまったのですヨ。で、結果は大満足 kao09.gif
 ぜひ食べてみて下さい!リゾットだけじゃなく、うどんとかも合いそう spoon02.gif
 そして今週は鶏すき鍋~i_0642.gif 野菜もいっぱい摂れるし、鍋サイコー

 hand03.gif N.Y.で忘れちゃいけないのがグラウンド0(ゼロ)。今は工事中で、
    ここにWTCよりも高い「FREEDOM TOWER」なるものが建つんだと kao18.gif
    アメリカの「不屈の精神」の表現の仕方が、結局↑ってのは、なんとも
    お粗末で寂しい。更なる標的を作ってどうする。

hana01.gif 2008年06月04日 hana01.gif
   ■アイ・アム・レジェンド kao10.gif ニューヨーク、ウィルス、ゾンビ、ワクチン
   なんだ、結局ゾンビ(吸血鬼?)ものか。という感じだった。ハラドキx2の展開はナイスだったし、
   野生動物がニューヨークの町中を闊歩している様なんかは、アンバランスで面白かった。
   ・・・でも結末は、あんまり。本来の結末は別にあったって言う話だけど、どんなんだったんだろ?
   気になるところ。原作では、ただのヒーローものではなく、3種類の人種が織りなす、ちょっと
   星新一的ストーリーらしい。価値観の逆転だったり、恋愛だったり、恐怖ゆえの暴力だったり、
   なんか原作の方がだいぶ面白そう。

   ■ナンバー23 kao12.gif 記憶喪失、殺人
   こじつけにもほどがあるだろ!・・・裏を返せば、よくもまあ「23」にするために、あれやこれやと
   足したり引いたり、掛けたり割ったり。で、最大の疑問はなぜ妻は彼に、あの小説を渡してしまったのか。
   あくまでも彼の記憶の奥に隠しておきたかった張本人ではないのか??超~~謎。てか矛盾。
   期待して見るだけ損をする感じ。残念。

   ■ヘアスプレー kao18.gif ミュージカル、60年代、ボルチモア、人種差別、テレビ出演
   話の筋としては悪くないけど、どうにもセリフや嘘っぽい演技がなじめなかった。あと母親は、何も
   無理してジョン・トラボルタの女装じゃなくてもよかったんじゃないか?と私は思った。娘を応援する
   理解ある良い父親役としてのクリストファー・ウォーケンは、ある意味ミスキャスト?どうにも私は彼が
   怖くて仕方ない。ザック・エフロンのマネキンばりの嘘っぽさには目を見張る。全体を通して、ものすごく
   「つくりもの」な感じ。人間味に欠ける。唯一、人間らしいのがミシェル・ファイファーかなぁ~?
   お金にがめつく、自分の娘が1番でなきゃ済まない、腹グロ母親。でも、年齢不詳で美しいけどね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。